美容もオシャレも自己流で出来る!

美容もオシャレも自己流で出来る!

ホーム » その他 » 元来乳酸菌が身体に優しいことは事実でよく知られて

元来乳酸菌が身体に優しいことは事実でよく知られて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


元来、乳酸菌が身体に優しいことは事実でよく知られていますが、実は有効ではない説もあります。

この説も、本当かもしれません。

その理由は、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効果の出るお薬ではないからです。
一度試して自分に合うかを確認してから判断するべきです。
便秘の原因は均衡が崩れた腸内環境にあり、自律神経との活動と互いに連結していますが、薬を飲んで腸の中を混乱させてやがて下剤なしだとお通じが来ないようになってしまわれる女性も意外とおられます。病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などへの出席が5日間禁止になります。

仮にインフルエンザに感染した場合でも、発熱は数日で治まるので、つい、登校する気になってしまうかもしれません。

熱がすっかり下がっても、くしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、他人にうつる危険性があります。ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染を防ぐのに大切なことです。1歳から5歳くらいの幼児がインフルエンザ感染し、発熱してしまった後、急速に痙攣や意識障害、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症なのです。インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復した後に後遺症の残ることもあるのです。アトピーに良い作用の化粧水を日頃から使っています。友達からすすめられた化粧水は、私の大変ひどかったアトピーを見違えるほどきれいにしてくれたのです。今まで見たくなかったはずの鏡を見ることが、今では楽しみになりました。触る度にお肌がスベスベしていることを感じています。乳酸菌の選択の仕方としては、まず、乳酸菌を含む商品を試用してみると良いでしょう。このごろは、あまり乳製品の味がしない乳酸菌を含んだ飲み物も存在するし、乳酸菌サプリとも販売されています。私は腸まで届くような乳酸菌飲料を初めて口にした時、翌日、トイレから出られない状態になったので、お休みの日の前に試すことがいいかもしれません。いわゆる乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。
いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、乳酸を化学反応的なことで作り出す菌類のことになるのだそうです。

このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、生まれて初めて知った事実です。この数年、乳酸菌がアトピーに効くことが判明してきました。

引き起こすものはいろいろありますが、毎日の生活におけるストレスや乱れた食生活によって引き起こされる場合もあります。
多数のアトピー患者は腸内環境が整っていないため、乳酸菌の力で腸内環境を整備することがアトピーを治す第一歩となります。腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは周知の事実です。しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、せっかく食べても胃酸で死んじゃって効果はあまり期待できないのではという考えを持つ人もいます。

でも実際のところ乳酸菌が生きていることが重要ではなく摂取するだけで腸内の免疫機能を充実させて、体の健康維持のために大変役立つのです。結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、大量に食べないと、効果がないような気がします。1日につき1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルトが大好きな人はいいですが、好まない人も、ジャムを入れて味を変えて可能な限り摂取すると効果アリです。便が溜まった事って生きていれば必ず一度はどんな方でも体験したことがあるものだと思います。特に辛い時は一週間便通が改善しないこともあります。

便通を良くする薬もありますが、私はアレがあまり好きではないので、ごく自然に便秘を解消できるオリゴ糖を飲んでいます。
穏やかに効いてくれるのがいいと思います。

便秘に良い食べ物は、乳酸菌が含まれた、発酵食物などであります。しつこい便秘の方は、便が強固で腸内に停滞した状態になっております。
この状態を改善して、便を出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。乳酸菌には多数の健康作用がありますが、中でも腸を整える効果が高いということです。

内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活発になり体内に溜まっていた便が出やすくなります。

それにより、便秘や下痢が緩和されます。日々、乳酸菌を取り入れることで整腸の効果が高まりますので、続けてくださいね。

ぱっと乳酸菌から思い出すのはカルピスと言えるでしょう。
小さかったころから、毎日飲用していました。

その理由は乳酸菌が入っているからです。毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。

ですので、私は便秘になった事がありません。
カルピスを飲んでいたのが理由でとても健康体になりました。子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったところのことでした。

足にには肌にかゆみを感じていたようだったので、かゆみどめとして皮膚科でステロイドを処方されました。

そうしてステロイドを2年と少し続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、まったく良くなってくれませんでした。
結局は、治療を漢方薬を用いたものに変更し、食事内容を見直したことで、小学生になる頃にはすっかり症状は収まりました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー